メンズ専用 NULLBBクリーム

メンズコスメの商品レビュー

ルオモ(LUOMO)BBクリームで肌荒れを隠す!メンズコスメ徹底レビュー

更新日:

 

メンズメイク化粧品、徹底レビューのコーナー!

最初に使う化粧品として「ベジボーイBBクリーム」が非常に有名ですが、その知名度に匹敵する人気を誇る、「ルオモ(LUOMO)BBクリーム」を実際に使ってレビューしていきます。

ハッキリ言って、価格帯的にも成分的にもそれほど大きな違いは見られず、どちらを買っていいか迷うところ。

とりあえず、開封して実際にテクスチャーを見ながら効果のほどを見ていきましょう!

 

(LUOMO)BBクリームの紹介

 

こちらがルオモBBクリームのパッケージ。ベジボーイと同じく、製品の箱に扉が付いていて使用方法が解説されています。

これは、人気商品を意識している・・・ということでしょうか!?(笑)

他の化粧品と同じく、ニキビ・ニキビ跡・毛穴・青髭など男性の肌コンプレックスを隠してくれます。

 

 

引き締め効果とか保湿効果とか色々書いてありますが、男性の場合はそれほど重要でもないので飛ばしちゃってOKですね!

全ての問題は、汚肌を隠すことにある・・・!

ベジボーイは一見すると「化粧品」という印象がなかったですが、こちらは女性用BBクリームでもありそうな感じ。

 

 

パっと見は気づかれないでしょうが、チューブの形状と「SPF35」という部分を見られてはアウト。ただ、ジックリ見ないとメンズ化粧品とはわからないでしょう。

小型なので外出時も持ち運びやすい一方、家族や同居人には気をつけたほうが良さそう。

 

商品名ルオモ マットキープBBクリーム
販売会社株式会社伊勢半
価格¥1,728
内容量25g
効果・特徴マット感が強くテカリを抑えられる
SPFSPF35 PA++
カラー全1色

 

BBクリームの使い方とテクスチャーのチェック

 

実際に中身を出して、テクスチャーをチェックしてみましょう。男性でも問題なく使えるオークルカラー。

ベジボーイBBクリームよりワントーン暗い気がします。多少肌が焼けた男性でも馴染んでくれそうな色味です。バリエーションはなく、単色のみ。

実際に蓋を開けて思ったんですが、ちょっと臭いがキツイです。多少馴染ませれば落ち着きますが、化粧直後に人と会うことは避けたほうが良さそう。

 

 

顔面にクリームを大量につけると、確実に女性バレします。ニキビ跡周辺など、気になる箇所のみつけるようにするといいです。

最初から大量につけるのではなく、指先に少しだけつけて馴染ませていきましょう。上からポンポンと抑えると勝手に馴染みます。

この時、もし可能であれば「直射日光」に当てながら化粧すると、外出時の見た目もチェックできますよ。

 

 

次に、どこまでシミを隠せるか手の甲で実験してみましょう。

少量を指先につけて、馴染ませていきます。うーん、実際に使った感じベジボーイより油分量が少なく、目立ちづらいですね!

乾燥肌の人だと、かえって肌が毛羽立つ原因になってしまうんですが、少なくとも女性バレするリスクは少なそうな感じ。

 

 

数回馴染ませると、特に違和感なくシミを隠すことが出来ました!

特にテカテカしているわけでもなく、ベジボーイと比べると問題なく使用できましたね。

自分の肌にもBBクリームをつけて、効果を確かめてみます。

 

自分の肌で化粧品の効果を確かめる

 

できるだけ化粧品の効能を視覚的にお伝えするために接写しているんですが、いつも以上に毛穴が映っていて嫌ですね。(笑)

少量ずつ馴染ませていきます。

ナチュラルメイクなので、まだ元の肌荒れが目立ちますが、それでも違和感なく毛穴を隠せたのではないでしょうか!

 

 

やはり化粧品特有の臭いが気になるものの、BBクリームとしての効果は高いです。自分の肌だとこちらのほうが好み。

最後にビフォーアフター画像も載せておきますね。

さらに効果がわかりづらくなった気がしますが、もう少し本気でメイクすれば女性にさほど違和感を与えず、肌荒れを隠してくれると思います。

 

 

結論から言うと、この価格帯にしては、「アリ」な化粧品でした!

ただ、やはり「化粧品臭」がキツイために女性バレしてしまうリスクは大きいです。特に女性と接近するような状況の場合は、使用を控えたほうがいいでしょう。

下記で女性バレしにくい、優秀なBBクリーム・ファンデをまとめてみました。よければご覧ください!

 

【2018年版】男性用BBクリーム・ファンデーション徹底比較ランキング!

【2017年版】男性用BBクリーム・ファンデーション徹底比較ランキング!

-メンズコスメの商品レビュー

Copyright© 初心者のためのメンズメイク講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.