メンズ専用 NULLBBクリーム

メンズメイクの基礎知識

男は必ず「メンズ用化粧品」を使うべきなの?女性用化粧品との違いは?

更新日:

 

これからメンズメイクを始めよう!と色々化粧品を調べていると、そのうちに「男性用化粧品も多いけど、女性化粧品は使えないの?」という疑問が生まれます。

料金は女性用のほうが高いことが多いですが、有効成分配合の化粧品が多くて、男性用化粧品だとやたらと「清涼感・刺激感」を強めたものもあり、乾燥肌・敏感肌の人には合わないケースもあります。

今回は、「男は必ずメンズコスメを使うべきなの?女性用化粧品という選択肢はないの?」という点について解説していきたいと思います。

 

男性用化粧品と女性用化粧品の違い

 

「男性は専用のメンズコスメを購入すべきなのか・・・?」という点についてですが、結論からいうと男性用化粧品はそもそも女性用から派生して作られたものなので、当然「アリ」です。

男性が女性用化粧品を使ってもいいし、逆に「いい製品だ!」と認められれば、女性が男性コスメを使っていることだってあります。

男性と女性では根本的に皮脂の分泌量や肌質が異なり、メンズコスメはその点も考慮して作られています。女性用のほうが歴史もバリエーションも多い分魅力的な製品が多いものの、「専用」という点でメンズ用のものが優れています。

 

では、「そもそも男性用と女性用って何が違うの?」という疑問が浮かんできますが、以下の3つの理由が考えられます。

 

男性は女性と比べて皮脂量が多い

第一に、女性と比べて男性は脂性肌の人が多く、皮脂量が多いです。

角質も厚く、日頃からケアしていない人だと「肌の表面は油ギッシュだが内側は乾燥している」ケースもあるので、サラサラ感を求めつつ適度に保湿できる製品が多いです。

肌の表面は皮脂量が多くテカテカしがちなので、洗浄力や清涼感を強めた製品も多いんですが、敏感肌の人がうかつに選ぶと取り返しのつかないことになります。

 

決して「男性用化粧品を選ぶな!」ということではなく、女性用よりも「洗浄力が強い製品と保湿力が強い製品」が二極化しているので、選ぶ際には注意が必要だということです。

人によって肌に合った製品が異なるので、試供品やレビューサイトを見てじっくりと選ぶことをおすすめします。

 

配合されている成分の違い

女性用化粧品、特に化粧水などには美容・美白成分が含まれていること多いです。これは、女性が解決したい問題と、男性が解決したい問題は根本的に異なるため。

年齢層にもよりますが、女性の悩みの多くは「シミ・そばかす・しわ」などです。なので、シミを薄くする「ハイドロキノン」、潤いを持たせる「はちみつ」「コラーゲン」「プラセンタ」など多種多用な美白成分が含まれています。

一方で男性は美白などは求めておらず、「とりあえず肌を潤わせたい!」「ニキビを治療・予防したい!」という人が多いはず。

 

メンズコスメの成分表を見ると、男性のニーズに沿わないものは入っておらず、あっても保湿成分の「セラミド」程度。シミを薄くする美白成分などは大抵配合されていません。

化粧品に費やすお金の量も男女で異なるし、配合されている成分にも違いがあるので女性用化粧品のほうが高いです。特に高級化粧品は天井がなくピンキリ。

 

単純なイメージの問題

女性用化粧品だと、どうしても男性は手に取りづらいですよね。いくら男性が肌に気を使うといっても、女性用化粧品しかなければ手に取りづらいし、友人に突っ込まれても言い訳しづらいでしょう。

その点「男性用」と謳われていれば説明しやすく、「最近は男性用化粧品が増えてるし、使っている男も増えているんだよ!」と弁解ができます。

男性用にオリジナルアレンジしている化粧品が多いので、必ずしも女性用化粧品を使ったほうが得だ!とは思いませんが、気にならなければ女性用を使ってもOK。

 

どういう時に女性用化粧品を選べばいい?

 

では、実際に男性が女性用化粧品を選ぶとしたら、どういう理由があるのか?第一に、男性が「美容・美白」を求める場合です。

先ほど成分について解説したとおり、男性用化粧品には美容・美白有効成分が省かれていることも多いので、女性用化粧品を選ぶべき。化粧品の種類によっては「女性用しかない」ものもあります。

あとは、男性がBBクリーム・ファンデーションなどでメイクする場合、メイク落としの「クレンジングオイル」は男性用が売っていませんので、女性用を購入する必要があります。

 

ベースメイクは男性用が各種販売されているのに、なぜか化粧落としだけ売ってません。クレンジングしないと毛穴に化粧が詰まって肌荒れまっしぐらなので、必ず購入する必要があります。

 

僕は、基礎化粧品の化粧水・乳液に関しては男性用・女性用で使い分けていて、BBクリーム・ファンデーションなどベースメイクをする際はメンズコスメを使用しています。

女性用化粧品は数が多い分、素晴らしい化粧品が多いので、当サイトでは「これは男性でも使える!」と思ったものは女性用でも紹介しています。

 

最後に

以上、男性用化粧品と女性用化粧品の違いについて解説してました!

下記の記事では、男性でもメイクして肌荒れを隠せるおすすめのベースメイクについて紹介しています。男性用の紹介が中心ですが、なかには女性用化粧品のなかにもおすすめ商品があるので合わせてチェックしてみてください。

下手な化粧品を選ぶと女性バレしてしまいますが、5年間のメンズメイク経験を通して女性バレしづらく、確実に汚肌を隠せる化粧品を紹介しています。

 

僕のような、汚肌で悩んでいる男性の参考になれば幸いです。それでは!

 

【2018年版】男性用BBクリーム・ファンデーション徹底比較ランキング!

【2017年版】男性用BBクリーム・ファンデーション徹底比較ランキング!

-メンズメイクの基礎知識

Copyright© 初心者のためのメンズメイク講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.