メンズ専用 NULLBBクリーム

顔の部位別メンズメイク方法と手順

一瞬で汚い男の「青髭」を隠す方法!メンズメイクの手順を解説します。

更新日:

 

「うわっ・・・!髭剃りをしたばかりなのに、青髭が汚い。これではデートにも出かけられない・・・。」

 

 

男性の中には極端に濃い青髭で悩んでいる人もいますが、女性のように堂々と化粧するわけにはいかないし、かといって永久脱毛するには抵抗がある。男にとって、永遠の悩みです。

特に色白の人にとっては特に目立つため、地獄!かくいう自分のその一人で、剃っても汚いからなんとかしたい・・・と常々思っています。

根本的に青髭を解消するには「永久脱毛」という手しかありませんが、裏技として「男性用化粧品で全て隠しきる!」という方法もあるんですよ。

 

これなら素早く、デート間際や冠婚葬祭など重要な行事があっても手間なく隠すことができます。

もちろん、不自然な化粧をしていると女性バレするリスクもありますが、毎回のように厚塗り化粧をして出かけない限り問題ないことが多いです。化粧の方法を工夫すればバレづらいアレンジもできます。

今回は5年間にわたってメンズメイクを続けてきた僕が、男性の青髭を隠す方法を紹介していきたいと思います!

 

男の汚い青髭を隠す!メンズ用化粧品について

 

 

・・・いや、いきなり汚ねぇ!

 

 

突然の見苦しい画像で大変恐縮なのですが、自身の身を削って「青髭は隠せる!」を実演するために画像を全世界へ向けて公開しておりますので、ドアップのおっさん画像ですがどうかご容赦ください。(笑)

画像を見ていただければわかる通り、それほど髭が濃いわけではありません。ただ遺伝的に色白で日焼けしてもすぐに戻ってしまうし、ニキビ跡もあるため非常に汚いですよね。

元々肌が弱いため、口元ニキビができやすくこれ以上深剃りができません。青髭問題は簡単には解決できなさそうです。

 

しかし!わざわざ永久脱毛など金銭的・時間的コストのかかる方法でなくとも、この汚い青髭を簡単に隠せる方法があります。それが「メンズメイク」です。

女性用のBBクリーム・ファンデーションを使ってナチュラルメイクを施すと、驚くほど簡単に・かつ綺麗に隠すことができます。

最近では男性用の化粧品も多数販売しているため、「男が化粧なんて・・・!」と悩んでいる男性でも気軽に使えるようになっているんですよ。

 

実際に口元だけ、男性用BBクリームでメイクした画像がこちら!

 

 

相変わらず汚い絵面は置いておいて、綺麗に青髭・ニキビ跡が隠れていることがわかると思います。

今回はあえてわかりやすく撮影できるようメイクを濃くしているのと、画質のいいカメラで接写しているのでメイクしていない部分との境界線にやや違和感を感じますが、ナチュラルメイク&ここまで近寄らなければ違和感を感じません。

もちろん、違和感なく青髭を隠すためには肌色・肌質に合った化粧品を選ぶことが何より重要なので、次の項目では具体的な化粧の手順と化粧品の選び方について解説していきます。

 

 

青髭の隠し方と具体的な手順

早速、青髭の隠し方を解説していきますが、女性がメイクする手順とそれほど変わりません!

 

 icon-chevron-circle-right 青髭のメンズメイク方法

  1. 通常どおり洗顔・髭剃りを行う
  2. 化粧水・乳液で保湿する
  3. 化粧下地をつけて肌のテカリを抑える
  4. BBクリーム・ファンデーションを徐々に馴染ませていく

 

洗顔・髭剃り・化粧水で肌の状態を整える

 

肌にメイクを施す前に、朝出かけるタイミングで洗顔・髭剃りを済ませてください。髭が生えている状態で化粧をしても違和感がありすぎてバレますし、不必要な皮脂が残っているとノリが悪くなるので洗顔も済ませます。

洗顔を終えたら、化粧水・乳液などできちんと保湿します。特に乾燥肌の方だと、保湿をせず直接化粧するとかえって多量の皮脂を分泌し、化粧がヨレて見た目が「化粧ババア」のごとく汚くなります。

この状態になると一瞬で女性に見抜かれるのと、あまりの汚さに鏡を見た瞬間卒倒しそうになるので、必ず保湿を行ってください。

 

化粧下地でテカリ防止・ノリをよくする

 

次に、女性バレを防止しつつ化粧の違和感も抑えるため、「化粧下地」をつけていきます。女性が化粧する際も必ず利用するもので、肌のテカリを抑える効果もあります。

化粧下地を付けておかないと、同じように肌がテカテカ・ヨレヨレになって女性バレするリスクが飛躍的に上がってしまいます。

実は過去にメンズメイクが彼女バレしたことがある icon-external-link んですが、「肌が化粧したみたいにテカテカになっているよ!?」と突っ込まれたんですよね。(汗)

この状態を防ぐためにも、女性バレしてマズイ状況では必ず化粧下地を付けましょう。

 

 

BBクリーム・ファンデを肌に馴染ませていく

 

化粧下地まで終わったら、いよいよ男性用BBクリーム・ファンデーションの出番です。

先ほども言いましたが、肌色・肌質によって選ぶべき化粧品が大きく変わってきます。自分の肌に合ったものだとほとんど違和感なく化粧が可能になりますが、逆だと一発で女性バレするので慎重に選ぶようにしてください。

下記の記事では、これまで男性用化粧品に数十万円お金を費やしてきた僕が、実際に使用しながら本当に使える男性用化粧品を解説しています。ぜひ参考にしてください。

 

 

実際にBBクリーム・ファンデーションを用意したら、直接肌につけていきます。

この時に注意すべきポイントは、少ない量を手にとって、徐々に馴染ませていくこと。

最初からべっとりとクリームを手にとって付けてしまう人が多いんですが、それをやると見た目が不自然になって確実にバレます!

 

 

青髭が気になる箇所に指先で「ポンポン」と抑えながら馴染ませていきます。

この程度の量でも、何回か手に取りながら抑えると綺麗に隠すことができますよ。汚肌の部分と周辺に馴染ませていき、自然な仕上がりになっていれば完成です!

女性バレが気になるなら、鏡を近づけて確認してみたりテカリが発生してないか確認してみましょう。最後に重要なのが、外出するなら必ず「太陽光」で自分の肌を確認すること!

室内灯と太陽光では肌の見え方が全然違うので、これをしておくだけでバレるリスクを抑えることができます。部屋で上手く仕上がったと思ったら、太陽の下だとおぞましい見た目になっていたことも・・・。

逆に太陽光で違和感がなければ室内灯で違和感を覚えることはまずないので、できれば野外で化粧したほうがいい・・・という結論になります。(笑)

 

男性が化粧をするリスクについて

次に、「青髭を隠せるのはいいけど、そもそも男性が化粧するのってかなりリスクあるよね!?」と気になる人が多いと思います。

考えられるリスクは以下の4つ。

 

  1. 女性バレするリスクがある
  2. 肌荒れが悪化する可能性がある
  3. 面倒くさい
  4. お金がかかる

 

女性バレするリスク

これについては、どれだけ男性側がナチュラルメイクをしていてもバレる可能性があります。

女性って意外と男性の肌を見ているし、化粧をして6時間以上放置すると段々と崩れてくるので、化粧直ししない限り見た目が不自然になってきます。

逆にいうと、化粧するだけで好印象を得られる(普段は汚肌のせいで悪印象)わけだし、きちんと肌の状態を気をつけていればバレることはありません。

 

ちなみに自分は彼女バレしたことがあると書きましたが、それは経験が少ない段階だったという理由と、必要以上に油分の多い化粧品を気づかずに使っていたために思い切り違和感が出てしまい、バレてしまいました。

 

下手な化粧品を買うと、マジでバレますよ!一方で油分量が少なく肌色に合っているものを選べば、バレずに隠し通すことができます。

最近では化粧をしていても「まぁ、それはそれでいいんじゃない」という女子も増えてきたので、男性でも化粧をしやすい世の中になっていることは間違いないです!

30代以降の女性は容赦なく批判してきますけどね。(笑)

 

 

肌荒れが悪化する可能性がある

男性であろうと女性であろうと、肌荒れをしている箇所に化粧をすると悪化する可能性があります。

基本的に、これらBBクリーム・ファンデーションは肌にとって「毒」のため、使用すると毛穴を詰まらせる可能性があります。一度開いた毛穴はそう簡単には戻らず、化粧落とししていれば大丈夫ですが、放置すると大変なことになります。

汚肌に化粧をするのはおすすめできないんですが、青髭に化粧する分には肌荒れのリスクもないので、それほど気にしなくともOK。

 

ちなみに自分は肌荒れしている箇所に化粧を5年も続けてきましたが、悪化することも改善することもありませんでした。

化粧をせず美肌を目指すため様々なことを試しても、そもそも遺伝による影響で肌荒れになっているため全く効果がなく、半分諦めて化粧しています。

 

面倒くさい

こればっかりは、どうしようもないですね。(笑)むしろ、普段から化粧している女性の気持ちがわかるようになったので、これはこれでいいのかな。

BBクリームなどのベースメイクだけなら、慣れれば5分もあれば化粧できます。

そもそも普段から利用するのは肌荒れの危険性があるのでおすすめできませんし、晴れ舞台のときだけ利用するなら問題にはならないかなと思います。

 

お金がかかる

男性が化粧をする以上、女性と同じくある程度のメイク用品を揃える必要があります。

値段は製品によってバラバラですが、全て揃えると1万円弱にはなるでしょう。逆にいうと、1万円あれば男性でも気軽に美肌を手に入れることができます!

美容整形などの費用を考えると、全部で1万なら安いものです。化粧水・乳液が手元にあれば、もう少し値段を抑えることができます。

 

  1. 保湿用の化粧水・乳液
  2. テカリ防止の化粧下地
  3. BBクリーム・ファンデーション
  4. 化粧落とし用のクレンジング材

 

これらの全てを揃えられれば完璧ですね。

例えば化粧水・乳液や化粧下地は必須の道具ではないものの、あるだけで肌荒れや女性バレのリスクを大幅に減らすことができるんですよね

化粧品は高ければいいというものでもありませんが、下手に選ぶと肌荒れ・バレるリスクが一気に高まってしまうため、しっかり調べて選ぶ必要があります。

 

メンズメイクの化粧落としについて

 

最後にメイクの「化粧落とし」についてなんですが、化粧品の中には洗って落ちるメイクも存在するものの、男性用化粧品の大半は洗顔しただけでは化粧が落ちないようになっているんですよ。

肌に馴染ませた化粧品を放った状態で寝てしまうと、毛穴につまって肌荒れが一気に悪化する原因になってしまいます。汗や雨などで簡単に落ちないようになっているわけですね。

そのため、化粧をしたら必ず専用の「クレンジングオイル」を使って化粧落としをしなければなりません。

 

クレンジングオイルに関しては男性用のものがないので、女性用のものから選ぶ必要があります。

自分は長年女性に支持されているオイルを使っていますが、さすが人気だけあってほとんどダメージなくキッチリと化粧を落としてくれます。

女性用化粧品は数がありすぎて選ぶのが大変なので、有名な製品を選ぶのが一番無難ですよ!

 

 

最後に

今回は「男性の青髭を隠す方法」について解説してみました。

肌荒れと違って青髭は治りようがないものだし、根本的になんとかしようと思ったら永久脱毛しかありません。

ただ男性用化粧品という手段を使えば、もっと気軽に・もっと安く青髭を隠すことが出来ます。どうしても肌が気になる方は、晴れ舞台のときだけでもメイクしてみてください!

きちんとメイクすれば、意外と自然な形で隠せるものですよ。

 

ではでは。

青髭を上手く隠せるファンデーションについては、こちらで解説しています!

 

【2018年版】男性用BBクリーム・ファンデーション徹底比較ランキング!

【2017年版】男性用BBクリーム・ファンデーション徹底比較ランキング!

-顔の部位別メンズメイク方法と手順

Copyright© 初心者のためのメンズメイク講座 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.